あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP結婚生活 ≫ ひとりぼっち

ひとりぼっち

★前記事★ の続きです


今までは子どもたちのために私は必要だから、
辛くてもここにいなければいけないと、踏ん張っていたし、
子どもたちのことでイライラすることも多かったけど
癒してくれるのもやっぱり子どもたちだったから
なんとかがんばってこれたんだと思う。

けれど、ある日 子どものことでひどく旦那に責められた。
ひどく責めたつもりは旦那には無かったのかもしれないけど
私は私の子育て全部を否定されたような気持ちになった。

子どもたちの悪い部分は、全部私の子どもへの接し方のせいで、
私のせいで子どもたちが言うことを聞かない、
子どもたちは被害者だ というような
そんな言い方をされて、私の中でぷつんと何かが切れた。


その夜、大泣きした私から逃げるように、
旦那はコウキを連れて出かけてしまった。
口論になったきっかけはヒカリだった。
気が強いヒカリの性格は、旦那ゆずりだと思うけど
私が甘やかしているからだと責められた。

気が強いとこ、憎たらしくなることもあったけど
甘え上手なヒカリがほんとに私はかわいくて、大好きで…
だけどこの夜だけは ヒカリが甘えてきても突き放してしまった。

私に無視されて、ヒカリはふてくされて寝てしまった。


本当は、この家を出て行きたかったのは私だったのに。

寝ているヒカリを置いて1人じゃどこへも行けない。

行きたくてもどこにも行くところがないし、
誰も助けてくれない。


一人ぼっちだと思った。



読んでくれてありがとう^^
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

関連記事
結婚生活 | Comments (3) | Trackbacks (-)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年10月16日(Sat) 08:32
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年10月16日(Sat) 21:25
コメントありがとう
編集
鍵コメですが、嬉しかったのでお返事書きます^^

イニシャルで…いいかな?


☆Tさんへ

なんにもできないなんてとんでもない。
Tさんの暖かい気持ちをもらいました。
ありがとう^^涙が出るくらい嬉しかったです。



☆Nさんへ

手紙を書くこと、それをここで公開したことで
少し私の気持ちは外に出ました。
旦那に見せるつもりはないけれど、
捨てないでとってあるのは
いつか見せたいという想いもあるからなのかも。

いつも読んでくれてるなんて嬉しいです^^
1歳児…手はかかるけど毎日の成長が楽しい時期ですね!
子育てはこの先もずっと大変だけど
楽しみを見つけてお互い頑張りましょうね^^



2010年10月22日(Fri) 16:19












非公開コメントにする