あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP結婚生活 ≫ 精いっぱいのSOS

精いっぱいのSOS

「病院に行く、行きたい。」と旦那に言ったのは
私の精いっぱいのSOSだった。

心療内科の問診票に
「いつから」という欄があって
いつからだろうと考えて 迷いながら
「3年くらい前から」と書いた。

3年くらい前から何がどうだと聞かれるとよくわからないけど、
その頃から 呑み込んできた気持ちが夜になるとあふれるように
涙がポロポロこぼれる日が多くなった気がする。

それは毎日のことじゃなかったし
生理前に気持ちが沈むことはよくあることだと聞くし
原因ははっきりしていて、旦那の言葉にひどく傷付いた時で、
夫婦喧嘩の後に落ち込むのは普通と言えば普通だし
誰かに愚痴ったり相談するのはともかく、
病院に行くほどの症状は何もない、考えるようにしていた。

けれど思考がどんどんマイナスになっていくのが自分でわかっていた。

旦那とは、笑顔で世間話をすることもできたけど
朝 玄関で「いってらっしゃい」と見送りながら、
心の中では『帰ってこなくてもいいのに』と思ったり
1人で車の運転中に、
『このまま大事故にあって車ごと私なんか
 消えて無くなってしまえばいいのに』とか。

そんな思考がこの夏、加速してきた。



長くなりそうなので続きは今度にします。



読んでくれてありがとう^^
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

関連記事
結婚生活 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする