あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOPこども ≫ 個性的な彼

個性的な彼

かっくんは、コウキの幼なじみ。

生後半年くらいの時 ベビーカーでお散歩中に知り合って
今も、かっくんのママとは仲良くさせてもらってます。


当時、近所に同じ年の男の子が何人もいて、
毎日一緒に遊んで みんなで一緒に大きくなってきたけど
かっくんは少し変わっていました。

コウキはいつも公園に行くときに
手にはお気に入りのトミカを2つ持って行きました。

かっくんがいつも手にしてるのは、台所のおたま。
うちに遊びに来るときにもいつもおたまを持って来てました。


トーマス→仮面ライダー→ポケモン と
コウキはいつでもキャラ大好きだったけど
かっくんはキャラクターには全く興味がなく、
うちに遊びに来ると まず興味を示すのは掃除機。

いろんな子がいたし、そんな違いも楽しかったけど
かっくんのママは気にしてました。
みんなと「違う」ということを。

だから、誕生日には かっくんの興味のないキャラクターのおもちゃを買い、
まわりの子がゲームに興味を持つ年ごろにはDSを買い与え、
小学校の入学準備品も、コウキと同じようにポケモンで揃え。。。

かっくんのママの気持ちも、すごくわかった。
子育てしてて、自分の子が人と違うと不安になることってある。
「普通」でいることの安心感ってある。。。



小学生になったかっくん、久しぶりにうちに遊びにくると…

まず、電化製品をチェックされます!

「この冷蔵庫、新しくしたね!」
「掃除機はどこにあるの?前と同じやつ?」

そんな感じで。

お料理にも興味があるかっくんは、よくお手伝いをしてくれるそう。

あれは3才くらいだっけ?
かっくんの家に行ったら、
「りんご食べたい!」と言って
自分で包丁を出してきて 
すこん、すこんとリンゴを自分で切って食べてたかっくん。
3才児が包丁って  衝撃的だったよ 
「いくらダメって言っても聞かないから・・・」と
諦めてた かっくんのママ。

今では 毎朝 一番に起きて
ウインナーを炒めたり、目玉焼きを作ってくれるんだって!

かっくん!!すごいじゃん!!
コウキも少しは見習って欲しい 

小学校では、みんなと一緒に教室で授業を受けるのは難しいので
支援学級にいるそうです。
何かと学校へ行く機会も多いみたいだし、
下に弟くんもいるのでかっくんのママは大変そうだけど
「違う」ということを認めてからは少し楽になったんじゃないかな。

かっくんは みんなと比べてできないことがあるかもしれないけど
みんなよりかなり優れてるところがいっぱいあるよね。
そういうとこを伸ばしてあげたら、
彼はかなりすごいヤツになりそうです 


ここ何年かの誕生日プレゼントは、
かっくんの欲しがるものをプレゼントしているようです。

かっくん専用の包丁だったり、アイロンだったり。。。

今年のプレゼントは何かな?

ダ○ソンの掃除機が欲しいって言ってるそうだけど
それはさすがに高いからね~
無理かもね^^





読んでくれてありがとう♪
押してもらえると嬉しいです^^
      
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村


関連記事
こども | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする