あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP結婚生活 ≫ 悪態には広い心で

悪態には広い心で

この前コウキ(小学生の息子)に

女の子が髪の毛切ったことに気付いたら
「あ、髪切った?」って言いなさい。
「いいじゃん」と言ってあげればなおよし、

という話をしていたら旦那が割り込んできて

「俺は女の人が髪切ってきたら必ず言うよ
 『それどうしちゃったの?』って」

確かに、旦那は何か変化があると必ず言うけど
そのほとんどが褒め言葉でなく、けなすというか
感じ悪いのだ。
でもそれは旦那なりのコミュニケーションの取り方で
そうやって仲良くなっていく人なのだ。
初対面の時からそうだった。
感じ悪いこと言う変な人、だけど印象深い人で
それほど悪印象はなかったのだ。
何も言われないよりは何か言ってくれたほうが嬉しいし。

それを唐突に思い出した。
結婚してからも相変わらず旦那は感じ悪いこと平気で言う。
美容院に行っても
「それ、失敗しちゃったの?」とか。
私はそれを、独身のころのように広い心で受け取れない。
旦那の言葉そのままにとても感じ悪く受け止めて
ああ、この人ってどうしてこんな言い方しか出来ないんだろうと思う。
でも、旦那はたぶんそんなに悪気はなく
むしろ私と仲良くしたいためにわざと(?)
自分なりの表現の仕方で言っている・・・のかも。

今度何か言われたら広い心で受け止めよう。
・・・たぶん無理だけど。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL