あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOPこども ≫ 壊れた水筒

壊れた水筒

コウキが、水筒のキャップを壊して帰ってきた。

聞いたら、友達が投げたせいで壊れたって。

「はぁ?」

思わず大声で聞き返しちゃった。


友達が投げた?ふざけて?わざと?

どうすんの?これ。

買いなおすの?



その子と仲がいいのは知ってる。

それほど乱暴な子じゃないのも知ってる。

だからたぶん、悪意はないのだろうけど。


でもさ。これ、キャップだけ買いなおしても700円くらいするのよ。
どうして知ってるかって言うと、買ったことがあるからよ。
去年、コウキの前の席の女の子がコウキの机にぶつかって水筒を落として
同じようにキャップが壊れちゃって。

その時は、たまたま先生が見てたから、
先生からその子のお母さんに連絡が行って

「弁償しますから」ってその子のお母さんが電話をくれて。

わざとじゃないんだし、子ども同士は謝って終わったことなので
気にしなくていいですよって言って弁償は断って。

消耗品だから仕方ないね、ってその時は思った。

700円もそんなに高いとも思わなかった。



だけどさ。

悪意がなくてもふざけてやって壊しちゃって、
むこうはそれほど悪いと思ってないんでしょ?

弁償して欲しいわけじゃないけど、今回の700円は
すごく高く感じるよ。。。



読んでくれてありがとう♪
押してもらえると嬉しいです^^
      
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
関連記事
こども | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする