あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP結婚生活 ≫ 兄弟の確執

兄弟の確執

旦那と両親とのケンカの根底には
お兄さんのとのことがある。

元々、そんなに仲の良い兄弟ではなかったのだけど
今は完全に決別している。

旦那が実家に行きたくないと言うのも、
両親には会ってもいいけど
お兄さんに会うのがイヤだという気持ちがあるのだと思う。

私から見れば、そんなに悪い人ではないと思うけど
旦那とは、タイプの違う人だとは思う。


コウキとヒカリを育てていて思うのは、
上の子は不器用で要領が悪く、我慢することが多い。
下の子は上を見ているから要領もよくて、しかも甘え上手。

親から見たら同じように大切な子どもだけど
接し方はどうしても差が出てしまう。
ヒカリにだけ甘い、と コウキが思うのも当然だし
コウキの不器用さにイライラして怒ってしまうことも多い。
ヒカリばっかりかわいがられて・・・とコウキは思っているかも。

けれど不器用なのが心配で放っておけなくて
つい手をかけて気にしてしまうのは上の子。
ヒカリはそういうのをちゃんと知ってて、
とても焼きもちを妬く。
お兄ちゃんじゃなくて自分を見て!とアピールする。

旦那と、1つ年上のお兄さんも、そんなふうに育ったと思う。
年が近いからライバル意識も強かったと思うし、
ケンカになれば力の差もそれほどないだろうし
だけど、『兄』『弟』という関係は絶対に変わらない。



2年前の夏、旦那とお兄さんがぶつかり合ってしまった。

それまでもお互いに不満はあったのだろうけど
お互いに目をそむけていて。

「タイミングが悪かったんだ」と後でお義父さんは言っていた。

大人になってからの兄弟喧嘩は壮絶・・・だったらしい。

私は後から話を聞いただけだけど
血の付いたシャツや 旦那の腕に残った生々しい傷あとを見て鳥肌が立った。
家の中は割れたガラスでめちゃくちゃだったらしい。

お兄さんはお酒に酔っていて普通じゃなかったんだと思う。

「殺される」と思った旦那は、両親を連れて実家を飛び出した。



しばらく うちに滞在していた旦那の両親。

もうあんな狂ったヤツとは会うな、と旦那が言い
旦那の実家を引き払う計画も考えはじめていた・・・。

けれど、長年住み慣れた家を、そう簡単に離れるなんて
無理だったんだと思う。

どんなに狂ったことをしても息子は息子だし。


2週間で、あっさりと、両親は家に戻り

それに旦那は激怒した。






2年前には、重すぎて書けませんでした。

「過去のこと」になりつつありますが
状況は何もかわっていません。

離れているから話す時間もなく

でも・・・このままでいいの?という思いはあります。






読んでくれてありがとう♪
押してもらえると嬉しいです^^
      
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村






関連記事
結婚生活 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする