あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP ≫ 友達と笑いあえなかった私

友達と笑いあえなかった私

小学生の時、私には友達がいませんでした。

私はしゃべらない、笑わない子で、(正確には しゃべれない、笑えない )

休み時間は いつも1人でぽつんとしていました。

私のような子のことを「かんもく(緘黙)症」と呼ぶということを

最近になって知りました。



コウキが産まれた時、心の中に引っかかったことがありました。

この子が、私のように

幼稚園や学校でしゃべれない子になってしまったらどうしよう。


性格・性質も 似るものだから

コウキも同じようにさみしい思いをするようになってしまったら・・・。




コウキは、おとなしい性格だけど

幼稚園でも小学校でも

たくさんの友達ができて

たくさんしゃべって、ふざけて、笑いあって・・・



普通のことだけど、

それができなかった私は

今のコウキを見て、ほっとします。



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村


普通のことができるって幸せ
関連記事
| Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

はじめまして。
編集
緘黙症っていうんですか…
初めて聞きました。
私もそうでした。
今もですが…
こんな親でもうちの子供は、しゃべりすぎて注意をうけるくらいのおしゃべり野郎です。
何が原因なんでしょうね、緘黙症になる人って。


2010年05月25日(Tue) 09:42
Re: はじめまして。
編集
yunaさん コメントありがとうございます^^

原因はよくわからないようですよ。
私は、みんなと同じようにしゃべれない自分に、
ずっと罪悪感を持っていました。
でも自分ではどうすることもできないんですよね。

大人になるといろいろな関わりがあるので
緘黙症の人は辛いですよね。。。

子どもさんの前では普通にしゃべれるんでしょ?
きっとお母さんがたくさん愛情持って話しかけてあげたから
子どもさんは話すのが大好きになったんじゃないかな^^

2010年05月25日(Tue) 13:38












非公開コメントにする