あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOPこども ≫ ハムマヨロールでバトル

ハムマヨロールでバトル

1つ残ったハムマヨロールで
コウキとヒカリがケンカ。

コウキが半分こしようと提案したけど
ヒカリはそれは絶対にイヤだと言う。
絶対に自分が食べると言う。



ヒカリって、どうしてこんなにケチなの?
自分がおなかいっぱいでも
人に譲るのは絶対にイヤ。

なぜだか、ヒカリは小さい時からものすごくケチだった。
ケチっていうか、欲深い。



4個おまんじゅうがあって

「ヒカリちゃん、これ、みんなに分けてね」って渡すと

1つをコウキのお皿に
1つをパパのお皿に
2つを自分のお皿に・・・
あれ?ママのがないけど???

どうしても人よりたくさんじゃないと納得しなくて。

「じゃあ、ママにはこれあげる」

ってコウキが自分のおまんじゅうを半分
私のお皿に乗せてくれる 

ありがとうコウキ  コウキは優しいね 

それを見たヒカリが

「だめー!!ママはヒカリのを食べて!!」
           っていうか、それほんとはママのだし。

おまんじゅうは自分のもの!
ママも自分のもの!

そういう独占欲がすごく強い娘です。




ハムマヨロールは・・・
半分こにすることで
しぶしぶ納得するヒカリ。

ヒカリ「でも大きい方がヒカリだからね!  」

コウキが半分にして
すかさず大きい方をヒカリが奪い

パクッ


自分の手の中に残った半分のハムマヨロールを見つめるコウキ。


「・・・・・ハムがない。

・・・ハムは、ヒカリの方に全部いっちゃったみたいね 


コウキはその後、泣いてました。
             ハムがないくらいで泣くな。

泣いてるコウキの横で
平然とハムマヨをパクパク食べるヒカリを見てると
コウキに同情したくなります。


人がいいと、損すること多いんだよね。

でも人には好かれると思うよ。

泣くな。

また買ってくるから。
関連記事
こども | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする