あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOP結婚生活 ≫ あなたの常識と私の常識

あなたの常識と私の常識

よく旦那に怒られます。

私は常識がないって。

普通の人間として
ちゃんと生きて行かれるか心配だって。

そんなになの?
私ってそんなにひどいの?


確かに私は、のほほんとしてるし
警戒心も薄くて
なんでも「どうにかなるでしょ」的な
甘い考えがあるかもしれません。

旦那は神経質だし
なんでも最初は疑ってかかるし
よく考えて最善策を選ぼうとする。
絶対に人には騙されないと思います。


よく怒られるのは
パソコンの操作とか
DVDやテレビなどの家電の取り扱い。
私は、最低限の操作だけしか使わないので
他の便利な機能が使いこなせない あせ
これは、すごーく怒られます。
ちゃんと覚えろって。

覚えろって言われても
普段、使う必要がないので
覚えられない。。。
旦那に何か頼まれて、
「そんなのできない」って言ったら
すごく睨まれます。
睨まないでじゃあ、教えてよ。
一緒にやってよ。って言うと
一緒にやったんじゃ覚えない。
自分で調べてなんとかしろ!
いったいいつの時代の人間だ!
そんなんでよく今まで生活してこられたな!!

そんな言い方しなくても 涙

…だから私は何かわからないことを
旦那に聞くのが嫌い。


ある時、旦那がお茶をいれようとしてて・・・
日本茶だったんだけど
「これ、どのくらい入れればいいの?」
ってお茶っぱの分量を聞いてきた。

お茶っぱなんて、適当でいいよ。

「適当って?」

適当は適当よ。
多ければ濃くなるし
少なければ薄くなる。

「どのくらいが多いのか
 少ないのかわかんないよ」

お茶っぱくらい、少し濃くたって薄くたって
大したことないんだから
適当にやればいいじゃない。
そんなのいちいち聞くことじゃない。

        ・・・ってそう思ったけど

そう、普段やらないことは
どんなことでも難しい。 

私には日常的なことでも
旦那にとっては非日常。

他にも、学校のことや
子供たちに関すること、
旦那は慣れないので
いつもささいなことを聞いてきます。
そんなこと、聞くまでもないでしょ。
自分で判断してよ!って思うようなこと。

だけどそれで責めたら旦那と一緒だもんね。


この人の常識と、私の常識は違うの。





関連記事
結婚生活 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする