あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOPこども ≫ どんなにケンカしても息子は許せるってこういうこと

どんなにケンカしても息子は許せるってこういうこと

朝の旦那とのケンカを引きずったままの私に
コウキがイライラをぶつけてきた。

10歳の子と口論になったら
まだ大人のほうが正論をぶつけて
言い負かすことができる。
だけどコウキも相当怒って
大声で泣き、支離滅裂だけど
精いっぱいの反抗。
それに私も頭にきちゃって
大げんか。。。

頭にくる 頭にくる 怒
どいつもこいつも
私に文句ばっかり 涙

コウキは、旦那にはあまり反抗しない。
勝ち目がないと思ってるし
怒らせたらとても怖いことをよく知ってる。
だから私には思い切りぶつかってくる。
ストレスもイライラも私にぶつける。
小さい頃は、それを大きな心で
抱きしめてあげる余裕があったけど
今はそれができない。
私の心に余裕がないし
4年生にもなって
なんでそんな幼いこと言うの?って
逆に私がイライラして怒っちゃう。。。

だけど子供のほうが気持ちの切り替えが早くて
しばらく時間がたつと、
笑顔で「ママ~」って言えるのだ。
うらやましいな。。。


コウキのこと、甘やかしてるつもりはないけど
旦那よりはとても甘いと思う。

「コウキの言いなりになってるって
 ママはいつもパパに怒られるよ」

買い物中に、
人ごみの中でコウキに言ったら
私の顔をじっと見てコウキは言った。

「ママ、今日は言いすぎちゃった。ごめんね。」

そんなこと、ちゃんと言われたら
ママは涙が出てきちゃうぞ。。。
買い物中で手がふさがってなかったら
ぎゅっと抱きしめたと思う。
関連記事
こども | Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

編集
この関係が親子なのです。夫婦と違う所です。
そして、母親と子なのです。同じ親子でも父と子は別です。
特に母親と息子の関係はもっと深い様な気がする。

だから、僕は母親が心配だけど子供を託しました。
2009年09月14日(Mon) 22:52
母と子 父と子
編集
はるさん こんにちは。

一緒にいる時間も長いし、密接です。
私は、旦那よりも子供たちの方が
本当の私を知っていると思うし
私の弱さもわかってくれてると思います。
私の方が、子供たちに支えられてるのだと感じます。

だけど、父親と子供の絆も感じます。
一緒にいる時間が短くても
例え遠くにいたとしても
切れることはないと思います。
悔しいけれど?子供たちは
父親のことも大好きです。



2009年09月15日(Tue) 12:18












非公開コメントにする