あの日見上げた夏空に

晴れた日も雨の日も。なつきの日常と心の声。
TOPこども ≫ 先生がくるぞ(家庭訪問)

先生がくるぞ(家庭訪問)

コウキの担任は30代の男の先生で、
穏やかに丁寧なしゃべり方が入学式の日に印象的だった。

優しそうな先生だね。
それに、小さなことをほめてくれる。

みんな一生懸命に話を聞いていた、だとか
中学生らしくすばやい行動ができた、だとか
身だしなみがきちんとできていて素晴らしい、だとか。

まだ最初だし、できて当然のことを
ものすごく大げさにほめてくれて、
それを学級通信でいちいち報告して下さるので
ちょっとこそばゆい。

「先生ほめすぎだよね?小学生じゃないんだからさぁ」
とコウキに言ったら、

「ほめて育てようとしてるんじゃないの?」と返ってきた。
そうだね。ごもっとも。



今日は家庭訪問なので、
仕事から帰ってせっせと掃除機をかけていたらコウキが帰ってきて、
「先生、もう外で待ってるよ」って。

先生、早いよ! 早い 
うちが一番だから仕方ないけど 

きちんと身だしなみを整えて先生とお話したかったのに、
焦って額から汗をたらしながら先生と対面しました  

心配なことなどありますか?と聞かれましたが、
毎日楽しそうに登校しているし、
とりあえずスタートは順調なようなので
「今年一年 息子をよろしくお願いいたします。」
これに尽きます。
 
関連記事
こども | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする